特命係長 只野仁 最後の劇場版 プレミアム・エディション<2枚組・初回生産限定> [DVD] / 高橋克典

特命係長 只野仁 最後の劇場版 プレミアム・エディション<2枚組・初回生産限定> [DVD]

商品情報

Manufacturer : 松竹
Label : 松竹
Actor : 高橋克典
Actor : 櫻井淳子
Actor : 永井大
Actor : 蛯原友里
Actor : 田山涼成
ReleaseDate : 2009-05-02
FormattedPrice : ¥ 4,935

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

エディトリアルレビュー

ドラマ制作過程の映像がよい。

放送枠がゴールデンタイムにしたせいか、前SPや前シーズンと比べ制約されている為、アクション性に欠けてて正直残念です。視聴率も結構低かったので、これなら前みたいに深夜放送枠のままにして欲しかったです。

ドラマ制作過程の映像がよい。

この巻では、ドラマの製作過程の映像がまとめられて、付録映像として見る事が出来る。
これは大変おもしろい。
撮影合間の高橋克典と永井大の会話では、ドラマではケンカが弱い森脇だが、実際の永井大は大変なアスリートらしい。
話のほうは少々マンネリの傾向がないでもないが、ドラマの骨格とキャスティングが良いために劣化が少なく、十分楽しめる。

非常に面白い

小ネタ満載で3の乗りのまま映画化されていて良かった。
でも折角の映画なんだから演技の出来る人に出て欲しかった。
西川史子さんの下手すぎる演技とフンフンシーンではなぁ…。
オープニングも特命受けてから流れて欲しかったと思ったけど、
後から考えてみれば、そこで流すのが妥当だったのかなと思いました。
それにストーリーの爽快感がいまいち無かった気がする。
黒幕の犯行動機が弱すぎる、もうちょっと悪であって欲しい。
特典ディスクには未公開シーンが2つ入っていたが、
なんでカットしたのか分らない。
特に2つ目のナイフ使いが何者か判るシーンや
銀龍会でのおっぱいポロリのシーンはなんでカットしたんだ?
そこが抜けてるから本編観ても、ボスとつるんでいる奴等が最後まで
何者か判らんかった。
でもそんな考えを吹き飛ばす程アクションが良かった。
特に曲の付け方が非常にカッコ良かった。
チェ・ホンマンを追い詰めるシーンで曲が流れ始めた時はシビレました。
ネットでこの映画の評価みたら、あまり評価は高くないけど、
あんまり深く考えずに気楽に観たら非常に楽しい映画だと思います。
買った日に2回観ました。
結構気に入ったので何回も観たいです。
それに初回特典のケースが非常にカッコ良い!!
只野のファンなら買って損はないと思います。

これぞ深夜ドラマ

人気シリーズもこれで3度目。
そろそろネタも無くなってきたかと思わせることもなく、いつも通りに男と女のかみ合った(絡み合った)ドラマを楽しめる。
毎日が仕事でいっぱいな男、まだ女でいたい女にぜひとも勧めたい。
恋人や夫婦同士で見れば、夜の営みもうまくいのではないだろうか?
無論スケベなアナタにもお勧めである。

まあまあかな。

結構面白かったです。
特に山西演じる赤井さんの演技には感動したし、シルビア演じる秋山莉奈も悪くはなかった。
映画だけであって色々などんでん返し等あって、楽しめました。
ですが、強いて言えば改善してほしい点
・只野の戦闘シーンをもう少し増やして欲しかった。
・最後のシルビアのイベント成功シーンを細かく描いて欲しかった。
ですね。総合評価は☆4とします。

サラリーマンのダークヒーロー

柳沢みきおの書いた青年マンガの映画化です。とても面白いエンターテイメント映画になっており、楽しめると思います。赤井英和演じるサラリーマンは、仕事一筋で、家庭想いのサラリーマンで、泣かせます。ワキ役の西川史子先生や、三浦理恵子も、良い味を出していたと思います。高橋克典は、ダメサラリーマンとかっこいいヒーローとを演じ分け、かっこ良かったと思います。007シリーズにも似たテイストを持っていると思います。単純に楽しめる映画だと思います。

偉大なるマンネリ

金曜のドラマ深夜枠から、『トリック』など安定した人気を誇るドラマが生まれましたが
『特命係長 只野仁』ほど世間に認知されたドラマは少ないと思います。
AVにまでパロディが登場する位なのだから(笑)
お色気、弱者の悲哀、勧善懲悪、成功者に裏の顔あり、只野のスーパーマンぶり等
話はお約束なのになぜかつい見てしまう、そんなドラマです。
出来れば4、5とシリーズを続けていって欲しいのですが、
エビちゃんを除き女性レギュラー陣はもう歳だし、高橋克典もあの肉体を維持するのは
年齢的にそろそろキツイのではないかと感じます。007のように俳優を変えて
シリーズを続けるか、只野=高橋克典のまま終えるのか、個人的には気になります。

今回もおもしろかった。

このサードシーズンになって「特命係長 只野仁」はより完成度を増してきているように思う。
ストーリーはマンネリ化しているが、これは水戸黄門と同じで、一つの様式美となった感がある。
個人的にサードシーズンの見所としては角田信明との格闘シーンか。
高橋克典の肉体は角田と比べても見劣りしていなかった。
さらには、何話か忘れたが、デブの悪役が登場する話は面白かった。
このデブは気弱そうでケンカも弱いとみえたが、殴りかかった森脇がまったく通用せず、この瞬間、態度も豹変し「人を見た目で判断するな。俺は空手3段、柔道2段だ。」と叫び、只野との対決となった。
このデブには最期、腹に北斗百烈拳を見舞って倒した。
脇を固める梅宮辰夫、三浦理恵子が相変らずよく、蝦原友里も演技は下手だがナイスキャスト。
野村と子分、サウナのアニータと只野の局部の巨大なモザイク、メイド喫茶の場面などもいい設定である。
このドラマはスタッフ、出演者ともかなり楽しんで作っているのだと思う。

肩の力を抜いて観れる

1話完結型のコメディードラマです。
ふざけた格好した高橋克典や、へなちょこな永井大は、これでしか見れないかも。
蛯原友里の出番が多くなってた気もしますね。
あとは、何と言ってもお色気シーンが毎回登場。
余談ですが、最終話の梅宮アンナの演技にはびっくりさせられました。
そこもある意味、見どころかも。

TVの延長

 TV版の延長。拡大版とほとんど変わらない、キャストが少し豪華になっただけで。
 恐れ入るくらいのワンパターンさ。それが良いのか?悪いのか?本当に最後の劇場版である。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

INDEX

Copyright 2014 日本の女優DB All Rights Reserved.