呪怨 [DVD] / 栗山千明

呪怨 [DVD]

商品情報

Manufacturer : 東映ビデオ
Label : 東映ビデオ
Actor : 栗山千明
Actor : 三輪ひとみ
Actor : 三輪明日香
Actor : 洞口依子
Actor : 柳ユーレイ
ReleaseDate : 2003-01-24
FormattedPrice : ¥ 4,950

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

エディトリアルレビュー

激怖・・・

はっきりいって怖すぎます。
いままでいろんなホラー映画を見てきたけど
あるいみこの映画が一番怖かったかも。
最初は時間軸がバラバラなのでよくわからない話が
どんどん繋がっていき・・・・恐怖の正体が徐々に
わかってくるって所もいいです。
とにかく、深夜に一人で部屋を真っ暗にして見ることは
お勧めしません(笑)
只、「呪怨2」は怖さはパワーダウンしてしまってて残念だけど。

マニア向けかも知れません

何度も繰り返して観るようなものではないので(ホラーはだいたいそうですが)勢いで購入すると多分後悔します。まずは一度観て、その後しばらく頭を冷やし、それでも欲しかったら購入、とした方が良いです。
ただ、伽椰子(『リング』で言うところの貞子。説明の必要もないかも知れませんが)があまり人間ぽくない動き方で動きます。それを、フィルム逆回しや映像の編集に頼らずに、女優さんが生身でやります。そこに変な生々しさを感じ、「なんて素敵な動きなんだろう」と惚れ込んでしまう場合があります(主にマニアです)。彼女の動きを見て、込み上げる笑顔を押さえ込むのに精一杯でエンディングなんか覚えてない、という方がいたら絶対にDVDを買うべきです。ちなみに伽椰子の動きは、オリジナルビデオ版の、それも1が一番良いように思います。個人的な、マニアの見解です。マニアでない方は参考になさらないで下さい。
注意:私はかつて、このDVDを観てにこにこしていたら当時の彼に本気でビビられたので、女の子は注意して下さい。

気軽に手は出さないで

日本中を恐怖させ、ハリウッド版リメイクも大成功した「リング」
手軽に見るホラー映画としては、秀逸といると言えるでしょう。
それに比べて、この「呪怨」は、うっかり手を出すと公開したくなるような
全編恐怖のホラー作品ではないかと思います。
ただ、1度見ただけでは、少々判りづらいので、注意点を書いておきます。
この作品は、複数の短編から構成されていますが、一番分かりにくいのは、
時間の流れが平行していないことでしょう。
つまり、この呪いの発端となる、俊男君の担任夫婦と迦椰子夫婦の因縁話が短編の合間に進行していき
その因縁の結果、広がり始めた迦椰子の呪いが、その短編で語られるという構成なのです。
そして、次の「呪怨2」で、発端の事件の結末がわかると、!迦椰子の呪いの拡散が始まります。
やはり、この作品は、1と2を両方見ないと、完結しませんし、内容がよくわからないので
1で投げ出さずに、2まで必ずご覧ください。
最後まで見るのは、怖すぎてそうとうきついですけどね。
それから、この作品の主役格といえるのは、俊男君の担任役の「柳ユーレイ」さんです。
「栗山千明」さんも、出演されていますが、短編の中の1話だけですので、念のため。
(出演者に柳さんが載っていないので、おせっかいとは思いますが書いておきます。)
1つ注意です。
この作品は、発禁寸前だったといううわさですが、実際見ない方がいいと思う人がいます。
それは、今、妊娠中の方、いわゆる妊婦さんです。
多分、胎教に悪い作品ベスト(ワースト?)テンの中に、絶対入ります。
(ローズマリーの赤ちゃんを確実に超えています。)

精神的にも嫌なモノが残る

邦画のホラー映画では一番怖いと思う。
個人的には、俊雄の父親が電話で言った
『女の子ですね』(だったかな?)と言うセリフが一番不気味で、暫く寒気がしてました。
視覚的にも怖いですけど、それ以上に、精神的なダメージが残る怖さがある映画です。
それに比べると劇場版は大して怖くないですが。

怖…

本作は呪怨シリーズの記念すべき一作目。ストーリーは時間軸がバラバラでオムニバス的に語られており、なるほど、この話はこう繋がるのかという発見もある。初めて観た時は観終わった後、背中が重くなるような感じがした。それ程怖かったのである。まず、その怖さは映像にも来ていると思う。映像の質感が何ともジメジメした感じで、全体的な暗さが恐怖を醸し出しているのだと思う。そして、幽霊は観る者に暇を与えさせない程突如として出現するので、思わず身体をビクッとしてしまう。『リング』の貞子は顔を見せなかったが、今回は顔まで出しているので余計に怖い。あの喉から発する呻き声も恐怖を誘い出す内の一つ。とにかく、『リング』とはまた違った怖さがある。

来るぞってシーンは早送りでショック緩和

あまりの怖さに発禁と騒がれてから観ようと思ったので、わざわざ夜中に一人で観ました。
来るぞ来るぞって緊迫感を煽っておいてやはり来る古典的な手法は、今も昔も怖いです。
因みに「学校の怪談 G」という作品には清水崇自ら監督した呪怨のスピンオフの短編が2編(なぜ女の子の顎が引きちぎられているのか。その女の子の兄はどこに行ってしまったのか)収録されており、より呪怨ワールドを理解することが出来ますよ。

呪いの始まり

私が最初に観たのは7年ぐらい前でした。当時は今ほど知られた作品ではなく、発禁になりかけたほど怖いという口コミで、まさに怖いもの見たさと、未知の領域に踏み込み感じで観た覚えがあります(笑)私は幼い頃からホラーを多く観てきた人間ですが、それでもかなり怖かったですね。有名な役者さんが出てなく(栗山千明は今や有名ですが)、こじんまりとした撮影が逆に身近に感じるリアルな怖さを生んでいるんですよね。なので、個人的にはスケールが大きくなった劇場版やハリウッド版より、このオリジナル・ビデオ版が一番怖いと思います。とにかく怖がらせる見せ方が上手いと思います。窓から少年が手足を出していたり、家の中が変に散らかっていたり、写真が切り取られていたり、猫の鳴き声は実は無口な少年が出していたり、親が留守かと思ったら、二階の窓に女の姿がチラッと現れたり。とにかく書ききれないほど怖いシーンが多いのです。2作目もありますが、どうせなら1本にまとめてほしかったかな。ちなみに、本作と関係がある2本の短編が「学校の怪談G」だったかのビデオに収録されているのですが、現在では入手困難でなかなか観れないと思うので、特典として入れてほしかった。

うーむ・・・・

確かに”伽椰子”は怖かった。
ああいうタイプの人は、生きてるときも怖いでしょう。
怖いシーンはあるのだけど、しかし、ストーリーが無い。
”お化け屋敷”に「起承転結」を求める方が間違いかもしれませんが、題材が面白いだけに、もっとストーリーでも怖がらせて欲しかった。
「小林くん・・・」が怖かったので、星三つ。

怖いね

とっても怖いよね。
低予算的なざらざらした質感の画面効果に
普通にこわい幽霊描写。
真昼間なのに襲われちゃう理不尽さとか気味が悪すぎ
でもこのお話は2もみないとわかりません
あと「学校の怪談G」というビデオ(夏休みだかに放送されたスペシャル)もみないとわかりません
なぜアゴをもぎとられたのか、なぜ長男がいなくなったのかとか
時制の前後が激しいけど、話が全部みえたら面白くなるはず

上手い

BGMや何かありそうなカメラアングルがとにかく上手い。
生きた人間の怖さも盛り込まれてかなりいい。
怖さよりも異様な出来事がたたみかけるように繰り出される様に引きつけられた。
ただ、本作の続編からはコメディーみたいになっちゃってるので残念。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

INDEX

Copyright 2014 日本の女優DB All Rights Reserved.