ミネルバトンサーガ

ミネルバトンサーガ

ミネルバトンサーガ

ReleaseDate : 1987-10-23
Manufacturer : タイトー

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ミネルバトンサーガ 攻略

TAITOが放つ最高傑作
「エレベーターアクション」「影の伝説」等、数々のヒット作品を生み出しているタイトーの傑作RPG。
特長は、余計な戦闘を100%回避でき、かつアクション性のある戦闘システム。そしてもう一つが、「傭兵」の存在である。
彼らは、主人公の代わりに戦闘を行い、そして成長する。そして、倒れた傭兵とは二度と生き返ることはない。愛着が生まれるにつれ、自らを犠牲にして傭兵を育成するという本末転倒なプレイヤーも少なくない。
ストーリーこそ、至ってオーソドックスな勧善懲悪モノになっているが、幾つかの画期的なゲームシステムと、壮大なフィールドで繰り広げられる物語が、いつしかこの世界にどっぷり浸るだろう。

ファミコンにしてPS3にも勝る音楽センス
ゲームは割りと丁寧に作られたARPG。
ただ、音楽は秀逸。
20年前のゲームなのに未だにそのメロディーが頭から離れない。
ネットで久々にこのゲームの海の音楽やエンディングを聞いたら、泣きそうになった。
ちなみに海の音楽は此処で聴けます。
http://www.lares.dti.ne.jp/~s-at-o/midiroom/mididata/Mbs02_gs.mid

名作
間違いなく名作
シルヴァーサーガよりも遥かに面白い。
傭兵システム最高
システムも最高
グラフィックも良いし。
何よりも
BGMが最高。
クリアしなくてもいいから。
船に乗って
海に出て
BGMだけを聴いてるのも良い。
今でもやりたい作品。

隠れた名作
小学生の頃にやってた記憶があります。
でも、20年前のゲームではありますが、
同じハードの大作RPG(ドラクエ4など)と同等以上の名作であると今でも思います。
世界観とシナリオはオーソドックスなRPGですが、
音楽が神。戦闘システムも神。傭兵システム最高。
私の場合はユラトとルトナが最強でした。
分かる人にしか分かりませんね。ごめんなさい。

耳をすませば甦る
「いにしえの都サーラは闇によって滅ぼされた。ラトニアの人々は魔物が攻めてくるのを恐れ、谷の入口を大きな岩で塞いだ。その岩の向こうから人々の泣き叫ぶ声が風に乗り、幾日も聞こえた。人々はいつしかそこを『嘆きの谷』と呼ぶようになった。そのラトニアも今はない」
商業の街シバイの吟遊詩人が語る、うらぶれてどこか物悲しい叙情的な空気がこのRPGにはあった。脚本の羅門裕人の思慮が物語に深みを与えていたのだと僕は思う。とは言うものの、初プレイは高速移動の裏技など知らず、苦労の連続でクリアしたものだ。後半、瞑想センターで運命の神デリトが言うように、不屈の闘志をもってしないと挫折しかねなかった。エンディングを迎えた時のカタルシスは、凡百の消費されるだけのRPGとは違い、だだっ広いダンジョンの最下層で手に入れたアイテムより、大事なお宝を心に残したはずだ。なぜなら耳をすませばほら、僕らには異世界を思わせるフィールドの、郷愁誘う海の音楽が甦るだろうから。

海のBGMは名曲。
脚本は作家の羅門裕人氏。PCでもディガンの魔石っていうRPG出してます。ミネル〜が好きな人ならハマること請け合い。(風俗に遊びに行ける貴重な作品)
ゲーム序盤、一気にレベルUPする方法があるの知ってます?
ある程度ザコ敵を倒してお金を貯め、道具屋で間接攻撃できる玉とフラッシュ攻撃のアイテムを大量に購入。
そして最初の城から北に行った所にある砂漠地帯のピラミッドに入る。通路を封鎖しているジプシーヘッド?と戦闘する。まともにやりあっては勝ち目がないので、前記のアイテムを駆使して倒すと一気にレベルUPするのだ。

思い出すだけでも胸が熱くなる、あの頃。
当時小学生だった私は、近所のスーパーの安売りゲームソフトのチラシを見て買いにいったのでした。
2色刷りで印刷されたパッケージはあの米田仁士さんのイラストで、独特の引力がありました。
もちろんそれがどんなゲームかは知らず、ただ「安いから」買ってもらえたのですが、タイトルの下に印刷されていた「出会いを通じて成長していくゲーム」という小さなチラシの文字に胸躍らせた記憶があります。
他の方も皆仰るように、音楽がすばらしい。
音楽だけでも世界に惹きこまれる。
フィールドの音楽は今でも時々口ずさむほどです。
神殿の音楽も、いかにもそれらしく、清浄で、神秘性があり、そして何よりも「空間」を感じされる奥行きのあるメロディでした。
戦闘の時も、うるさくなく、徒に興奮をかきたてる訳でもなく、適度な緊張感のあるものでした。
ああ、語りだすと止まらない。止まらないけど、それだけ思いがこもってるんですよ、このゲーム。
そして、テキストがいい。
喋り過ぎず、素っ気無くもなく、淡々としていて、それでいて心の深いところにある何かにグッと来る台詞。
ついでにいえば、あの書体もまたいい味だったのだと思います。
システムは非常に洗練されていました。他の方も仰っているので詳しく語るつもりはありませんが、なにしろストレスが少ない。
いろんな事を思い出しますねぇ…
シープヘッドでレベルアップとか。
イドにはてこずったな、とか。
世界観、システム、音楽、どれを取っても名作といっていい作品だと思います。
何度エンディングを見たことか。
何度も何度もプレイしました。
しまいにはバックアップ用電池が切れてしまい、プレイできなくなってしまったんですよ。
今久しぶりにここでパッケージの絵を見て、涙が出るほど懐かしく、幸せな思い出がよみがえってきたので、思わず語ってしまいました。

おれ的には名作。
ものすごいうろ覚えですが名作です!(←断言)
ARPGですが動かすのは自分だけで、仲間はAIが勝手にやっちゃってくれます。
しかも戦闘は必ず逃げれます。
ストーリーはあってないようなものだったような・・・覚えてねーし
何がすごいと言うのはありませんが、何故かずるずるとやってしまってクリアしてました。そんなゲームです。
触ることがあればやっていただきたいですね。
(ただしバッテリーバックアップが切れてる可能性もあるけど。)

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

シルヴァサーガ2
ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙
天地創造
ガイア幻想紀
ジャストブリード [FAMILY COMPUTER]
ウルティマ(聖者への道)
レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)
真・女神転生2
迷宮組曲
ソウルブレイダー

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs