悪魔城ドラキュラ

悪魔城ドラキュラ

悪魔城ドラキュラ

ReleaseDate : 1993-02-05
Manufacturer : コナミ
FormattedPrice : ¥ 9,504

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
悪魔城ドラキュラ 攻略

完クリは出来なかったが・・・。
 自分はスーファミを持っていなかったので友達の家に入り浸ってこのゲームをやりまくっていた。結局碌にクリアは出来無かったが、おどろおどろしい演出、美麗なグラフィックとピッタリのBGM、独特の操作性・・・と何から何まで印象に残るゲームだった。 鍾乳洞ステージなどは一見の価値アリである。
 ファイナルファンタジーシリーズにしてもそうだが、スーファミ時代にリリースされたゲームというのは、作り手のイマジネーションとハードの性能、両者の限界をうまく引き出し臨界にまで達した良作が少なくない。
 今日ゲーム機の性能だけが暴走気味に進化し、グラフィックこそ3Dだなんだと進歩しているが、ゲームそのものの面白さや満足感という点ではこの時代のほうが上かもしれない。

悪魔城シリーズ最高傑作!!
このソフトがSFC(スーパーファミコン)で発売した当時、私はまだ小学生でした…あの当時のアクションゲームの大ヒット作は、ファイナルファイト(カプコン作品)、超魔界村(カプコン作品)、ゴエモンシリーズ(コナミ作品)、スーパーマリオシリーズ(任天堂作品)…etc(言わずと知られていた有名所だけをいくつか上げてみました。)などがありましたが、私や私の回りの友人の間では、この悪魔城ドラキュラが最も人気でしたし、私自身もアクションゲームの中では1番好きな作品でした。私はこの当時小学生でしたが、今は結婚もし、四捨五入すれば30歳になるオッサンですが、今でも悪魔城ドラキュラをやる時がたまにあります。今やってもおもしろいです。腐っても鯛とはこういうことなのです。普通の人から言わせてみればただの古いゲームなのでしょうが、私にとっては思い出のたくさん詰まった、決して悪魔城シリーズのファンの心の中から消えてほしくない名作です。今のニンテンドーDS、任天堂Wii、PS3世代(今の小中学生や高校生)にもぜひプレイして欲しい作品です。アクションゲームが好きな人で、この作品の良さが分からないようであればゲーマーとは言えないでしょう…

言葉は要らない..
悪魔城シリーズの7作目です?
[彼の魔力は復活のたびに強くなる..]
今まで出来なかった事を 思い切って作ろうとされたのが今回の作品だと思います
特に力を入れているのが ゴシックホラーとしての悪魔城を表現する事ではないでしょうか
1シーンがこの作品は多いですね
映画で例えれば..始まりとして館の入り口で佇む人影は
この先に何があるのか..創造させる1シーンです
別々の そして一つ一つの1シーンが 歩んでいる事の実感があります
..行く先々でBGMはプレイヤーに勇気よりも冒険の世界を
ゴシックホラーとしての雰囲気は シリーズでも随一です
若干 難しいですが 誰でもクリアできます
難易度はX血の輪廻より上
一発死の落とし穴はありますが
プレイヤー数も多いので初心者に勧めやすい物です
パズル的な側面もある作品です
あそこまで持ち越すために..と考える事も攻略の鍵
理論的に紐解き見極め切り抜ける事が悪魔城の本質だと思います
進めないと思っても大丈夫です 必ず進めるようになります
徐々に上達できる バランスが素晴らしいですね
ジャンプの軌道修正など快適になり(出来ない中の攻防でしたけど
今回は鞭を8方向に振った後にも振り回しができ自由自在
上達するほど気持ち良く狙い撃ちするのは爽快です
と言うのは良いのですけど
全体的に下からの攻撃に対処してこない相手が多い事が欠点
処理の遅れも気にならず 高レベルに纏められてます
蝋燭が多いかなぁ..
斧がちょっと弱体化 十字架が強いのも
蝋燭から回復肉が少し多い..
自由に鞭が振れる事は抑え気味とも言えて
きめ細かい点は伝説や68k版に一歩譲るとなりますね
..その点は初期鞭だと良くなります
クリアして覚えている固定の蝋燭以外は障害物と見て崩す
無視していく感じがコツでしょうか
上達してより上手に気持ちよく進める
難易度の組まれているアクションとしてやりがいのある作品です
異端にも美しいドラキュラ..この作品に相応しい言葉ではないでしょうか?

最高峰
それまでMSXユーザーだった私にとっては、ドラキュラ2回目の攻略。『呪いの封印』や『悪魔城伝説』の噂をうらやましく聞いて過ごしたもの。 当時の次世代機“SF”を購入し、真っ先にプレイしてみた。そして間違いなく、私が望むドラキュラの全てがそこにあった。悪魔城へと続く長い道のり、全編に漂うダークな雰囲気、悪夢の具現化のごときモンスター…。 難易度については、なんとも言いようはない。もともと高い難易度のアクションがウリの部分があり、各作品の印象によるところもあるだろうから。本作は8方向への攻撃や、鞭の振り回しにより、敵との戦闘には多少のアドバンテージがとれる。しかしながら、回転する床や多彩な動きの針天井、崩れる連続階段等々、ステージ上の障害は確実に動きを阻んでくる。 なんと言っても、ゲーム全体を通した恐怖と焦躁の演出が、これほど優れていた作品はシリーズにおいても他には知らない。襲ってくる馬の生首、地面から生えてくる手、揺れ動くシャンデリア越え、天井から滴る血、悪意をもってうねる絨毯…。 ぜひ復活版を出して欲しい名作であると思う。

滅茶苦茶難しい面があるけど面白い!
たまたま安く売られていたのを買ってやったが最後、抜け出せなくなる。
回転床、財宝の間、そして最後に恐怖のコツを掴まなければクリアできない面など。
当時にしては物凄い技術使っていたと思う。
曲も素晴らしいのでこれはやるべき。
面白すぎて抜け出せなくなるが、ハードが古いのが難点。
因みに自分は毎回、輪廻以前のゲームはドラキュラで詰んでいる。
財宝の間の曲アレンジ来ないかと待っているのですが中々来ないですね。

棺桶に入るような殿堂入りソフト!!
SFCになって、音質やグラフィックの縮小拡大など、
スペックを活かしたシリーズ最高傑作と思える名作。
「怖さ」を単にグロテスクさでは無く、
雰囲気や芸術的に見せようとするポジティブな美学に包み、
ホラーゲームを一気にエンターテイメントに押し上げた。
確かに難易度は高いが、
血が赤く、肉がこんなにも上手く思えたゲームは中々無いだろう。
ドラキュラシリーズが好きなら、ぜひやって欲しい一本。
SFCが無い場合は、
wiiのバーチャルコンソールで購入できるので、
中古を探すよりも、そちらをオススメします。
個人的な事ですが、
最近、PS3で「キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ」をやりましたが、
相当ガッカリしたので、
記念に過去の名作をレビューします。
以下、評価の詳細
<良かった点>
・飽きさせない雰囲気のメリハリがある個性的なステージ構成。
 スケール感を誇張する事で異世界を旅するような感覚まである?
・ファミコン版より難易度が下がり、プレイヤーのターゲットの裾野が広がった。
・未だにフルで聴けてしまう重厚なBGM。
 ファミコン版の曲のアレンジも秀逸。
・ドット絵に刻まれた細かな色彩は、中世の雰囲気作りをより明確にし、
 光の表現などは、己の運命の明暗まで演出する事で、
 プレイヤーに想像をさせるような余地があった。
・ぶら下がり移動や回転する床、振り子シャンデリアなど、
 やりたい事が、 ここで一端完結したような、
 お約束ギミックのリアルな物体の動き。
・リアルなムチの鎖、しなり具合が良く、攻撃後の振り回し機能も斬新。
・爺様と飼い犬
<惜しかった点>
・ジャンプ着地時の微妙な硬直時間にクセがある。
・階段を登る際は上方向キーが必須。ジャンプ落下時などが入れてないとスルーする。
 ファミコン版よりはマシになった気もするが…。
・ネーム使用時のフォントが見にくく、視認性が悪い。
・アイコンパスワードは面白いアイデアだが、
 メモするに一苦労。ミスもあったのでビデオ録画してました(笑)

かなりの良作。
子供の頃、駄菓子屋で1コイン30円で遊んでいたのを彷彿とさせてくれます。移植度に若干の違いがありますが、この価格なら文句なし。ドラキュラの世界観にハマって下さい。
※トレジャー作品ではありませんのでアシカラズ

おもしろいですよ
シリーズ初の分岐マルチエンドなどこの頃はゲーム界をリードしていた作品でした。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ゼルダの伝説 神々のトライフォース
超魔界村
スーパーメトロイド
魂斗羅スピリッツ
ファイナルファイト2
スーパーマリオワールド
ロックマンX
スーパーマリオコレクション
MOTHER2 ギーグの逆襲
ドラゴンクエスト1・2

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs