ドラゴンクエストIV

ドラゴンクエストIV

ドラゴンクエストIV

ReleaseDate : 1990-02-11
Manufacturer : エニックス
FormattedPrice : ¥ 9,180

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ドラゴンクエストIV 攻略

天空シリーズ第1弾
ロト三部作が完結し、新シリーズとなったこの作品。
章立てで引き込ませてくれました。
1章のライアンは生粋の戦士
2章のアリーナは武闘家 クリフトは僧侶 ブライは魔法使い
3章のトルネコは商人
4章のマーニャは魔法使い ミネアは僧侶
各章共に絶妙なバランスが取れていたんです。
メインである5章は、馬車システムや気球、街の育成など「見所」満載です。
「小さなメダル」もこの作品から。
残念なのは、各章の(特に2章)物語が全て語りきれなかった事。
システム・音楽・ストーリー全てが「名作」の名に恥じない物となっています。
PS版リメイクではなく、是非オリジナルの方をプレイしてみて下さい。
手に入れるのなら、出来るだけ初期のロットの物をどうぞ。
カジノのコインのバグや気球のバグが残っている物が初期ロットです。

思い出すだけで泣ける
シリーズ中最も切なくて泣けた作品。
初めてプレイしたのはもう13年も前ですが、今でも思い出すと
少しウルウルしてきたりして。
私のまわりでは戦闘時のAIの出来がけっこう不評でしたが、
シナリオはドラクエの中ではこれが一番好きです。

ドラクエの中でこれが一番
初めてプレイしたドラクエでした。
この後、ドラクエ5,7とプレイしたけど、心に残ってるのはやっぱりこの作品。一番おもしろかったし、あんなにキャラに感情移入できた作品はRPGの中でもすごいと思う。
エンディングをみたときは、思わず泣けました。色々苦労があったなあーがんばったなあなんて。ゲームで泣けるとは本人もびっくりでした。
今ファイナルファンタジー10をプレイしてて、それからみるとグラフィックなんてもう過去の遺物の勢いなのかもしれないけど、心に残っているのはやっぱりこれで、あのあともっとグラフィックのきれいなのも色々プレイしたけど、やっぱりこれはすばらしいソフトだと思います。
あと、主人公の性別を決めることができたのも良かったと思います。

ファミコン版が一番!
僕が一番好きなドラクエです。
例え、AIが改善されたり、グラフィックや音楽がパワーアップしたリメイクが発売されようが、僕はファミコン版の4が一番です。ザラキを連発するクリフト大好きだー、ファミコン独特のピコピコ音が好きなんだー、あの与えられた中で精一杯頑張ってるグラフィックが好きなんだー!
やっぱり、ドラクエ4コマ劇場でも4のが一番好き。キャラゲー等と揶揄する人もいるけど、このゲームほどゲーム中のキャラを好きになれた作品は無い。
4の魅力の一つである悪役。いちよ、ドラクエの他作のボスは、一人称が「わたし」だったり、グラフィックが迫力あったりして、「他の敵とは違うんだぞ感」を出してるが、僕ははっきり言って、あまり魅力を感じなかった。ドラクエ5や6のボスキャラも、それなりに貫禄はあるが、結局何がしたい人なんだろう……って感じでした。その点、4はしっかりとボスキャラにスポットを当て、プレイヤーにも同情せざるをえない展開もあり、だからこそ、ラストバトルは悲しくてやりづらい点もあったが魅力的だった。
あと、説明書に「AIには学習能力があるので、むやみにリセットボタンを押しちゃ駄目。」みたいな事、書いてましたが、本当にそうなの?あんまし実感無かったなあ。

初めてちゃんとやったRPG!
ドラゴンクエスト!!もう間違いなく最高のゲームです。小学生から中学生にかけて俺の頭のなかの七割はこのゲームの事でいっぱいでした。
「滝の流れる洞窟」「魔神像」「世界樹」!もう今かんがえてもワクワクします。変身後のバルザックがカッコよすぎます、炎の戦士とかべレスとかもカッコ良いです。
こないだブックオフに行ったらほぼ完品の(どっかの店で売れ残ってたやつが流れてきた感じのやつ)箱入りドラクエ、ドラクエ2、ドラクエ4を発見し飛びついて購入しました。何と各千円でした。これは俺にとってはありえない程の破格です!!残念ながらその時はなかった超名作ドラゴンクエスト3の箱入りは後日やはりブックオフで購入しました。こちらは五百円でした。
四作のドラクエを並べて眺めているだけで当時の思い出やら何やらが次々に浮かんできます。ドラクエの箱を眺めながら酒が飲めるぐらい大好きなゲームです。

ドラクエの中のドラクエ。
仲間の攻守バランスやストーリーがとても良く、何度もやりこんでいたゲーム。IVになってからAIシステムが導入されたが、僕的には「じゅもんつかうな」を多用していた。ダンジョン等、目的地まで移動距離が長い時もあったので何かと重宝した。特に呪文を使える仲間(マーニャ、クリフトが筆頭)がMPを湯水のごとく使ってくれるので(泣)IV以降のシリーズでは、作戦も色々と増えたが「じゅもんせつやく」が無くなってしまい、戦闘のほとんどをAIに頼っている僕としては、中ボス戦などで「MPがねえ~!!」みたいな場面はザラで、苦労した。

DQでも最高類の作品
初めてのAI戦闘を導入した作品です。めいれいできないのがネックですが、そこんとこはPSで満喫してください。
第5章にもわたる話です。仲間もたくさん仲間になりますので、好きなキャラ、2軍行きキャラもいます。
DQの中でも不思議が多い作品です。そこんとこはユーザーが勝手に想像しろ、みたいなところがあります。それはそれで好きですが。
会話はなくてもその場の雰囲気は伝わってきますね。

ファミコンソフト代表
音楽、操作精度、グラフィック、キャラデザイン
全てが上質でファミコンソフトRPGトップ作品です。
音楽が特に良くこのファミコン音源に酔いしれる方が今もいる位です。
マス目がファミコンの為、ダンジョンやフィールドがとても広いです。
移動速度から町から町への距離感も良く
コミカルなキャラを、広大なファミコンマップで動かすのは気持ち良いです。
難易度は程良い辛さ、シナリオも語りすぎない絶妙なバランスです。
PS版、特にDS版と全くの別作です。
ファミコンソフトの中でダントツに遊びやすく面白いです!

勇者
何もかもを失った少年は 一人旅に出る
導かれし者達と出会い 困難に立ち向かい あなたは世界を救う勇者だと
異端児として迎えられた天空城
マスタードラゴンは勇者を認めてはいない
ピサロの憎しみ ロザリーの悲しき愛
それぞれに理由があり
それでも勇者は ピサロを葬る
喜びに満ちた世界で
勇者はひとり帰路につく
勇者…勇者だからって
それが何だったんだろう
全てを失った少年
一体何の理由があっただろう
何も 何も変わりはしなかった
きっと始めから分かってた
そこに舞い降りた奇跡
何かを取り戻せるから 戦ったんじゃない
ただ生きた 戦い抜いた
その先に導かれた奇跡
勇者とは 打算なき者なり
勇者の背中を思って涙した作品

シリーズ唯一かっこよい名言がある作品。
「ゆうべはおたのしみでしたね。」「おお勇者よ!しんでしまうとは なにごとだ!そなたに もういちど きかいを あたえよう!」おもしろおかしな名言が残る一作目ですがこのおもしろおかしな名言は2、3とありますが4ではかっこいい名言があります。それは旅芸人のパノンが、とある城の王様から天空の兜をもらうために説得する言葉です。かれの決して、面白いがおかしくない、かっこいい言葉が心に残ります。
デスピサロは悲しみを背負ったラスボスの一人(他にはライブアライブのオディオ等)。かれの儚い活躍を見れるのもこの4だけです。PS版の話は夢物語です。まずはファミコン版をやりましょう。PS版はそれからにしてください。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
ドラゴンクエストII
ドラゴンクエスト Ⅴ 天空の花嫁
ドラゴンクエスト
ドラゴンクエスト6 幻の大地
ファイナルファンタジーIII
ドラゴンクエスト1・2
ドラゴンクエスト3 そして伝説へ
ファミリー コンピュータ(AV仕様 ファミコン)【メーカー生産終了】
ファイナルファンタジー4

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs