ウルティマ6 偽りの予言者

ウルティマ6 偽りの予言者

ウルティマ6 偽りの予言者

ReleaseDate : 1992-04-03
Manufacturer : ポニーキャニオン

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ウルティマ6 偽りの予言者 攻略

壮大で緻密な世界観
RPG黎明期から有名な海外ゲームシリーズの移植作です。全マップの広さ、テキストの量は共にSFCのゲームでは最大でしょう。自由度も非常に高くクリアまでに必要なイベントをこなす順番もほぼプレイヤーの任意。戦闘よりもアドベンチャーゲームのような謎解きやNPCとの会話が楽しいゲームです。マップが非常に広いので目的の島やダンジョンを見つけるのにも非常に苦労します。逆にそこがいかにも冒険らしくて面白いのですが、日本で主流の親切設計のRPGに慣れた人には辛いかも。 NPCとの会話のシステムも特殊で、衛兵など一部を除いてほとんどのキャラに名前と「しごと」の設定があります。受け身で話を聞くだけでなく、「ガーゴイル」「ききゅう」「ちず」などのようにキーワードを選んで自分からたずねることもできます。町の人達の人物評や噂話が聞けたり、推理小説のようなイベントがあったり、会話がこれほど楽しいと思ったゲームは他にありません。終盤のどんでん返しが待っているシナリオに、緻密な世界観、文学的とも言える練られたセリフなどは他に類を見ません。難点をあげると、やはり洋ゲー特有の雰囲気とシステムの複雑さでしょうか。魔法を使うのに8種類の秘薬の組み合わせが必要なのは本格的だけどライトユーザーはひいてしまうでしょう。人を選ぶゲームではありますが、日本のRPGに飽きた人などにはウルティマシリーズの入門として最適です。

当時、夏休みをすべて潰してハマッてしまった
ウルティマ4の世界観が好きで購入したら、当時見事ハマッてしまった。
ウルティマ4の世界観がすべてにおいてスケールアップ!
まず、マップが広い!隣町まで行ってみようと軽い気持ちで行ったら、まったく着かない。
次第に夜になり周囲の視界が悪くなる。森で夜になったら確実に迷子になってしまう。こんなときはキャンプを張って朝を待とうとするのだが表示される「近くになにかいる」・・
こんなところでガーゴイル軍団に遭おうものなら全滅の危機も・・・
今回は戦闘はリアルタイムでスムーズ。画面の切り替えもなしでそのまま戦闘に入る。
敵の集団に襲われて逃げてると、敵は追ってくるのだが、街中で敵に追われる風景はなかなか面白かった。
今回、すべての人間や生物に名前、仕事、信仰が設定されている。
人々は朝起きて朝食を食べて仕事し(ホームレス等は別)、昼食を食べては仕事、夕食を食べて寝るという生活を送っている。
人々はそれぞれの街の信仰を重んじていて(やさしさ、ゆうかんさ、誠実さ、謙虚さなどそれぞれの街で重んじているものが違う)会話がとても楽しい。
例えば清らかさの街での会話。
「はしごを昇ろうとして他人を蹴落としても、自分が高く昇れたわけではない。他が低くなっただけの話さ。自分の力で昇っていくのは大変だが、昇りきればまた違うものが見えてくる。」
と感じに、各街でそれぞれの住民の価値観を聞いていると、リアルにその住民と会話しているように感じてしまう。
このゲーム、自由度が恐ろしく高い。例えば中盤で敵の本拠地に行くための洞窟に行くために8つの地図のかけらを集めなければならないのだが、場所を知っていれば別に集める必要はないし、ぶっちゃけ最初から持っているアイテムを使えばいきなり敵の本拠地に行く事だってできます。
しかしガーゴイルの言葉がわからないのでまずはそれを解読するのですが、解読できたとき、意外な事実が・・・
ウルティマシリーズで一番面白いのは、間違いなくこの6だと思います。

ストーンズに導かれて:異文化交流とは難しい
説明書が無ければとても辛いでしょう
地図 魔法 アイテムにヒント..すべて0からのスタートです
それはそれでも面白いとして クリアもできますけど
町の名前すら分からない 必要な物がどのようなものか推測が付かない
場所の位置は ほぼヒント無し 同じ地形による錯覚に永遠の青..操作性色々の事で千の苦痛と言えますね
最低でも 地図はあるべきでしょう
初めからどこでも行けます
最終目的の場所まで..自由ですね(良くも悪くも..
人々はそれぞれに名前に生業と住む場所を持ち
朝になれば起きて夜になれば眠ります
海外のゲーム..と言えば血生臭いイメージが付きますが
生活を表し人を表現しようとしている 文学的な作品です
そのテーマは探求とも言えます 形の無いものかもしれません
(でも..夜は人に会えない→宿が見つからない→宿番が眠っている
 →町の中ではキャンプできず なかなか場所が探せない→朝日..
操作性..と言うより利便性はなく 戦術と言う物は皆無
一番強い武器はすぐにも手に入り 魔法も無敵なものが色々と
それらは 旅を快適に過ごすために必要と言えます
快適な状態を維持するためにはお金が必要です
お金が必要なら適当に洞窟を探す 物を売る 怪物を倒す 浪費を抑え我慢
または カルマが下がる行為と理解し犯罪を行う
どうにかと維持しながら固めて進めば旅は快適になっていきます
無理に貯めたりせず 自然に行うのが面白いでしょう
では アドベンチャーとしては..これも難しいラインです
世界は広大で探すのはやや大変です(地図があっての話
でも 解く物の発想は優れているとも言えません
総合的に見て特に難しいものでもないはずです
旅を楽しむ物と言えばそうなのかもしれませんね..
良い物とは言えません ロマンスも感動もありません
でも 人々は命が宿ってはなくとも冷たさや温かみはあります
それらを積み重ねた最後に 何か 感じ取れるものがあるのではないのでしょうか
与えられるものではなくて それを既に分かっていたとしても
..おそらくは自分が導いた答えのはずです
やや 根気があって 少し 変わった物を..と言うのでしたら良いかもしれません
ミストなどのアドベンチャーと同じく PCのコーヒータイムの息抜きに..との事が一番 理があるのかも
そういう意味でPCのRPGと言えますね やっぱり
メモをしていく事が重要になります
気になったら場所や人物とその単語を
町の特徴 目指す場所 頼まれた事も書いておく事が重要です
注意:カルマを80以上にキープしておかないで後半のイベントを行うと完全にクリア不能になります

雰囲気がよい
以前FCでウルティマ3と4で凄まじい移植ぶりをしたためにクソゲーというレッテルを貼られたウルティマでしたがSFC版の6は身震いするほど良い出来です。PC版と比較してNPCの口ぶりや音楽の良さはそのままに、操作性や全体のテーマを簡略化した感じです。全体に4移行のウルティマらしい雰囲気が漂っている為、このシリーズが好きな方は、ただブリタニアを歩き回るだけで楽しめるでしょう。また、ultima onlineしか知らない世代の方にも「ウルティマってこういうゲームなんだー」と、知るためにSFC版ultima6を遊んでみても間違いではないと思います。

みかけで判断すると損
画面の斜め視点が「とっつきにくさ」を与えるかもしれませんが,「慣れの問題」で,日本にはあまりこういうゲームがないから戸惑うだけだと思います。
私は当時5分で挫折しそうになりましたが,気を取り直して20分くらい我慢して歩き回ってみたらいつのまにか慣れていました。
次に,ステータス画面に戸惑うはずです。
焦らずに,説明書を見て1つずつ操作してみれば,実は単純です。
今は中古品が主流だと思いますが,ソフト単体のものは絶対に避けてほしいです。
昔のゲームは説明書があることを前提に作られていますので,
説明書がないと「訳がわからない」のはいわば当たり前の現象なのです。
パソコン版は本格的ですが,
SFC版はかなり簡略化されてやりやすくなっています。
見た目で拒絶せずに,まずは気楽に歩き回ってみてほしいです。
そうこうしているうちに私はこの世界にぐんぐん入りこんでいましたから。
ただ,簡略化されているとはいえ,二十歳以上が推奨かなとは感じます。
住民たちの存在感。
本当に「そこに1つの世界がある」という感じで,
友人達もまるで実在するかのような温かな人柄で,
世界のその完成度は高く,
よそから来た「自分」も受け入れられていることがとても嬉しく,かといって身体は1つしかないので助けらけない住民もいるということに胸をしめつけられたりと,
若い時代に出会えて良かった作品でした。
パソコン版はプレイ環境も値段もハードルが高かったので,
SFCに移植してくれて本当に嬉しかったです。
本物の「ロール・プレイング・ゲーム」が好きな方,ぜひお試し下さい。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ウルティマ(聖者への道)
ウルティマ7 ザ・ブラックゲート
ソードワールドSFC
ウルティマ(恐怖のエクソダス)
アイオブザビホルダー
イース3 ワンダラーズ フロム イース
鬼神降臨伝 ONI
スーパー伊忍道・打倒信長
大貝獣物語
聖剣伝説2

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs