ウルティマ(聖者への道)

ウルティマ(聖者への道)

ウルティマ(聖者への道)

ReleaseDate : 1989-09-20
Manufacturer : ポニーキャニオン

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ウルティマ(聖者への道) 攻略

独創的なRPG
グラフィックも綺麗だし、シナリオも独特
プレイヤーは、適正審査をゲーム開始時に行い。
魔法使いやドルイド、騎士、鍛冶屋と言った職業を決めることができます。
ここで選ばれなかったキャラクターは、主人公とはなりませんが、仲間にできるキャラクターとして出てきます。
プレイヤーは徳を積み重ねます。
例えば、誠実さの徳であれば、盲目の道具屋が居たとしても、薬草の代金を誤魔化す事などしては、いけません。
勇敢さであれば、敵から逃げることは、旨に反します。
こうして、徳を積み重ねて、聖者(アバタール)を目指します。
独特なシステムですね。
ゲーム自体の世界観も良く、公平さを旨とする街では、焚き火の日にも人格があったりするのが雰囲気が出ていました。
魔法も、薬草を使用して使います。
戦闘がシミュレーションっぽいものであり、
いちいち戦うのが大変なのがマイナス点。
とりあえず、一回は、ロードブリティッシュ王に戦いを挑むのはやっておきましょう。
とか、書いてますが、クリアは出来ませんでした。ごめんなさい。

ラストまでいけたことのある人だけが得られる感動
このゲーム、世界観がすばらしいです。
道徳についての勉強になります。
はっきりいって難易度は高めです。
ただ、100%逃げる魔法があるので有効に使えばたいていの人が感じる苦痛はなくなります。レベルを5以上上げなければ雑魚も弱いままですし。
ラストのダンジョンであるアビイスにいくためには8つのルーンを集め8つの徳をMAXまで極め、8つの徳に関わる石を手に入れ、さらに3つの洞窟を出すためのアイテムがいります。
アビイスはさらに極悪で、階を降りるごとに道徳についてのなぞなぞが出され、間違えると外に出されます(その時徳に関係する石も置かなければなりませんが、これも間違うと外にだされます)。
ラスボスはいないと説明書に書かれていますが、実質ラスボスは最後の階に出てくるそれぞれの徳を持つあの8人でしょう。
それを倒し階段を下りると、オープニングの曲をさらにアップテンポにしたような曲がながれます。やっとここまできたのかー 
と言う達成感でいっぱいになります。
そして先に進めばこのゲームの目的であり、世界の真理が書かれていると言う本があります。
この本の中身は、すばらしい言葉が書かれています。
その文面は、私の日々考えている悩みや疑問の答えそのものでした。
そしてエンディング。音楽がすごい祝福してくれるかのようなアップテンポの曲でメロディーラインがきれいで、少し切ない感じの名曲です。ENDの文字がでてもしばらくは達成感で呆然としていました。
追記
徳を簡単に高める方法があります。
町の人の会話でそれぞれの徳に関する質問の受け答えに注意すればいいのです。
何度話しても徳は上昇するので、評価がナメクジからでも簡単に聖者になれたりします。
薬草も最初は99個を1Gで購入し、後は安い薬草を1個単位で誠実に払い続けるのを繰り返せばよいのです。

聖者への道
恐怖のエクソダスから大幅パワーアップ
ウルティマ聖者への道
だけど
バランスは悪い
敵が強い
それよりも
何よりも
徳を積むのが面倒くさい。
悪いことばかりしてると
ラストダンジョンいけないし
クリアもできない
本当に聖者への道
このタイトルに嘘偽り無し
全体的に
面倒くさいRPG
クリアすると
なんだか心が温まる
そんなRPG

普通のRPGとは一線を画している
悪の親玉を倒すわけでもなければ、平和を守る話でもない
本作はタイトル通り『聖者』を目指すゲームです
聖者を誕生させ世界を良い方へ導くこと、それが平和へと繋がっていくのです
以下に内容や設定について少々…
メニュー画面を開くor町・城の上に立っていないとエンカウントしてしまいます。注意
このゲーム、MPと薬草を消費する事で初めて魔法が使えます。薬草の残量には注意
武器や防具を装備する際に数値はでません。値段と実戦の効果で判断します
遠距離武器を最初に揃えるのが吉。かなり楽になります。防具は高価な物でないと威力減少しないのであまり必要ない
すごく厄介なのが『徳』。プレイヤーの行動により値が上下します
最終的に8種類の徳を極めなければなりません
困っている人を助ければ『優しさ』が上がる⇔助けなければ下がる
戦闘で勝利すれば『勇敢さ』が上がる⇔戦闘から逃げる(魔法ならOK)と下がる
町や城にある宝箱を許可なく開けると『名誉』が下がる、などなど
要は欲望や苦難に負けず常時善行を心掛けてプレイすればよいのです
難易度云々よりも「めんどくささ」が先行するゲームです
異質なRPGですが慣れればけっこう楽しいと思います

貴方も私もアバタール
このゲームの目的は『聖者(アバタール)になる事』
ですからクリアはプレイヤーである貴方の行動次第です。
○⇒ 献血したり募金を積極的に行いましょう!!
×⇒ 他人に攻撃したり、道具屋さんがちょっと視力が弱いからって支払い額を少なく払ってはいけませんよ!!
↑こんな風に書くと「普通にしてりゃあクリアできるじゃん」とか思ってしまいがちですが…
見た目がDQっぽいし自由度も高いので、始めはなんとなく遊べてしまいますが、うっかりダンジョンに潜ると敵が異常に強くてやたらと多いので地上へ戻れないまま全滅⇒ 徐々に煮詰まってきます。
つまり聖者への道は簡単にみえて思った以上に難しいのです。いろんな意味で。
昔何かのゲーム雑誌で、このゲームの初回版を壁に投げてぶつけるとショックでLEVEL-MAXになるという記事が掲載されていました。
投げちゃだめです、壊れます。
モノは大切にしましょうね☆ FCは文化遺産です☆

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ウルティマ(恐怖のエクソダス)
ウルティマ6 偽りの予言者
ドラゴンクエストIV
ダンジョンマスター
ヘラクレスの栄光2
ドルアーガの塔
ボンバーキング
レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)
ドラゴンスピリット
ディープダンジョン3

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs