スーパーピットフォール

スーパーピットフォール

スーパーピットフォール

ReleaseDate : 1986-09-05
Manufacturer : ポニーキャニオン

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
スーパーピットフォール 攻略

洞窟探検 一攫千金
無茶苦茶広い地下洞窟(裏面や別ステージあり)を探検するゲーム。
目的は、
迷い込んだ猫を助ける事
猫を追って洞窟の中に入ってしまった姪を捜す事
巨大ダイヤを見つけ出す事
の3つ。
ROMカセットのくせに処理落ちが(スプライトの関係じゃなく)ある、
珍しい作品。
ルートさえ覚えればクリアは簡単。要は無駄に横道に逸れない事。
言うは簡単だが、実際に動いてみると…。
「ドラゴンスレイヤーIV」並に広いマップは、手元に地図がないと絶
対に迷うでしょう。地図情報はWebから拾えますので、安心を。
スタート地点すぐ右(画面向かって)の梯子は下りない事。

アクションでもアドベンチャーでもなく、ゲームですらない。
主人公の名前は「ハリー」です。決して「マ○オ」ではありません。ええ違いますとも。チョビヒゲも、ジャンプした時に上に向かって手を突き上げるのも、単なる偶然の一致です。
それにしても、マップ広すぎですし、アクションもシビアすぎです。
あれだけだだっ広い洞窟を記憶だけを頼りに探検するのは困難を極めます。
かといって、ネットで拾えるマップを見て進んでも、お世辞にも操作性が良いとはいえない(キャラよりも操作性を真似してほしかった…)ので、アクションそのものに慣れないと先に進めません。
貴重な武器であるピストルの弾は有限で、拾える数も決まっていますので、どこで使うべきか迷っているうちにゲームオーバーになってしまいます。しかも、コンティニューしてもピストルの弾は補給されません。
最初から攻撃手段が不要な構成で「ピストルがあれば楽になりますよ」という程度ならそれでもよいのですが、どうしてもピストルを使わないといけない場面もあり、弾切れでハマることもあります。
迷宮探索が難しくてもアクションが楽であるか、アクションが難しくても何度もアタックすれば先に進めるかのどちらかなら良いのですが、どちらも難しいので凶悪な難易度になっています。
正直言って、マップ見ながらでないとやる気が起きません。
「ピットフォールII」は難しいながらもやりこみ甲斐のあるゲームなのに、どうしてこうも違うものなのかと。はっきり言って、SG-1000に負けてます。

主人公は「エセマリオ」です。
「マリオ」そのものの主人公のファミコン初期のアドベンチャーゲーム。
それがよーするに「スペランカー」をやるというゲーム。つまり「二番煎じ」ですね。
初期ファミコンゲームにありがちな「理不尽な難易度の高さ」も当然セットとなっています(笑)。
メーカー「ポニーキャニオン」も面白くないゲームばかりを連発していました。

根気が必要
ただでさえ操作性が悪いのに、敵に触れたら一発死。難易度も高いしマップがとても広いので、下手するとただ洞窟内をウロウロするだけのゲームになってしまいます。何とか頑張ろうと試みますが、いつも途中で飽きて止めてしまいます。私にとっては、クリアしようという気持ちになれないゲームです。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ロードランナー
1942
バイオ戦士DAN
フロントライン
シティコネクション
【ファミコン】CLUCLULAND(クルクルランド)【カセット】HVC-CL
パックランド
スーパーチャイニーズワールド2
アストロロボ SASA [FAMILY COMPUTER]
バイナリィランド FAMILY COMPUTER

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs