超魔界村

超魔界村

ReleaseDate : 1991-10-04
Manufacturer : カプコン
FormattedPrice : ¥ 9,180

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
超魔界村 攻略

あまりにもこのゲームが好きすぎて
公平にレビューを書けません。
なぜならこのゲームは別格だからです。
超魔界村は最高です。
毎年一度は全面クリアしてます。
最初にこのゲームをやったのは中学生の時でした。
クリアするために200回以上は死んだと思います。
類まれな忍耐力が必要とされます。
七転び八起きです。
死ねば死ぬほどうまくなります。
そして悟ります。
超魔界村とは死ぬことと見つけたり。と。
先へ進むために工夫を重ね
難攻不落と思われたダンジョンを制覇したときの喜び
プライスレス。
困難に立ち向かう勇気が培われます。
その点でこのゲームはゲームという枠を超えます。
人生の修行です。
そして青春でもあります。
本当に好きなゲームです。
愛してます。
このゲームを。
何でこんなに好きになってしまったのか
自分でも分からない。
クリアするのに本当に苦労した事。
一度最後まで攻略して、また最初に戻された理不尽さ。
二回目の攻略で自分のスキルが驚くほどレベルアップしていた事実。
何もかもが絶妙です。
人にお勧めはしませんが
心の中で「超魔界村が一番だ」と思ってます。
シリーズ的にも「超魔界村」がベストです。
魔界村は古すぎるし、大魔界村は難易度が高すぎます、特に最終ステージ。
一度クリアしたゲームを10回20回とクリアしても楽しめるという作品は他にないです。
スポーツ感覚でプレイしてます。
PSでもでているのでまだやった事のないアクション好きのゲーマーさんは
是非プレイしてみてください。
ロックマンXとか好きな人は絶対はまると思います。

ちゃ~っちゃら~、ちゃらららっちゃら~。
面白いよね。超魔界村。これがシリーズの中でも最高だと思う。
僕の場合はこのゲームの音楽を聞いただけで小さいころの楽しい思い出がよみがえってきて、ただそれだけで泣けそうになる。友達とあきれるほどやってたもんで。
……まあ、それはどうでもいい。このゲーム、二段ジャンプの微妙にクセのある動きとか、武器が敵にヒットしたときの感触がいいですよね。
あの光のナイフが「ビイ~イイィン」と、尾をひいていくつも飛んき、船上のゴーストをまとめて退治する感じとか、前作までと比べたらだいぶ強くなったたいまつが「バン!バン!バン!」と溶岩ステージの熊みたいな敵に何発も当たる感触。気持ちよくて最高。
あと、このゲームは明らかに使えない武器があるのが子供心にも不思議でおもしろかった。
序盤から入手しやすいナイフ、たいまつ、ボウガンがすごく使いやすいのに、なかなか出てこないカマ、オノが活躍することは滅多にない。クロスソードに至っては、いったいスタッフは何を考えているのかと頭を抱えて悩んでしまうくらいに使えない。でも、珍しさからか出てくるとつい取ってしまう…。
特にぼくはあの、カマの存在がけっこう好きだった。あの「地を這う」という特性が有効になることは全くないんだけど、敵に当たったときの「ダン、ダァン!」と二段ヒットする感覚が好きだ。魔法の竜巻もカッコイイ!男ならカマだ!
オノも好きだ!パワーアップするとヘンな軌道になってめちゃくちゃ使いづらくなるけど、そこはそれで、できの悪い子供ほど可愛い、みたいな感覚でオノを愛用していた時期もあった。あれをつかいこなせるようになってこそ真の魔界村ファン!やはり男ならオノだ!

スペックダウンした続編
動きが遅い、大魔界村と比べると動きにキレが無く、処理落も酷いのでかなり遊びづらい。
元々魔界村は業務用のタイトル。家庭用化した弊害がいたるところにある。
CPシステムの大魔界村に比べるとスペックダウンした続編で残念。グラフィック、ドッド絵のセンスなどが前作より劣った続編では意味が無い。
魔界村、クレタク、源平、ミスタードリラー、もじぴったん、スペハリ、コットン、イメージファイト、ダライアスなど、続編が家庭用になって良くなった事は一度も無い。一度も無いのだから家庭用にするのを辞めなくてはいけない。
商売にならないのは理解できるが、それなら業務用版は販売しないが、業務用を開発しているつもりで、家庭用版を開発すればいい。
上撃ちが無くなり難易度が上がったかと思いきや、ボウガンが強いので、難易度自体はそれほど高くは無い。有野課長が適当にやってクリア出来る程度。
業務用の頃は、ワンコインクリアを前提にして全面通しての難易度だったが、家庭用になり一度しかクリアしない事が前提、一面で何回リトライさすかに、難易度の種類が変わっている。
このシリーズは相当難しいと思われていますが、それは業務用をワンコインでクリアーするという話であって、何度コンティニューしてもいいなら、難易度はマリオシリーズと変わらない。「みんゴル3」最後の4ステージ。「F-ZEROGX」のストーリーモードなどの方が上。業務用のタイトルなら超魔界村より簡単な方が稀。バーチャの勝率で言うと1割台で二段ぐらい。
動きの遅さ、長いステージ、遅い強制スクロール、鈍い動く足場、などリトライが嫌になる仕掛けが満載。大魔界村のリトライは一分程度。3クレでも30分で終わる大魔界村のサックリ感と比べると、超魔界村は何十回もクリアして遊べるような物ではない。
非力なハードと家庭用化で、ビッグタイトルの続編としては相応しくない。二段ジャンプ、鎧など小細工の追加要素は必要ない。作りこみで勝負せよ。CPシステム2で、メタルスラッグを超える魔界村を作って欲しかった。

これこそ名作!
古い作品ですが、今さらながらその質の高さに舌を巻きます。
このゲームでは、各ステージ内にクリアすべき各ポイントとなる部分があります。
主人公(アーサー)が画面内を自在に動き回れるようなアクションゲームではないため、適当にやっていては絶対クリア出来ないのですが、どうすればクリア出来るか、プレイヤーに自然に考えさせるような作りになっています。そのためプレイヤーは、自ずと論理的な攻略法を発見することが出来るのです(難易度は高いのですが、ひねくれた攻略法を要する駄作とは180度異なります)。
ゲームとは、本来そうあるべきものである、と言うことを改めて教えられた気がします。
特に今回初めて導入された2段ジャンプシステムは、このゲームの論理的な攻略に大いに貢献しています。どこでどう2段ジャンプするかを見極め、それが決まった瞬間は快感です。
一つずつポイントをクリアしてゆく度に、自分が確実に成長していることを実感出来ると言う素晴らしいゲームです。
こんな充実感を与えてくれるゲームは、そうそうありません。
また、あまり語られていないことかも知れませんが、BGMが最高に素晴らしいです。
全体的にはオドロオドロしい曲ですが、何度聴いても飽きません。
スーパーマリオ・ブラザーズや、ソニック・ザ・ヘッジホッグとは、操作性が全く異なりますが、アクションゲームの金字塔と言い切って間違いないです。

難しいアクションゲーム
難易度高めのアクションゲームとしても高い超魔界村ですが、FCの魔界村より簡単かな、という気がします。
音楽もおどろおどろしていて、雰囲気がよく出てて不気味さも抜群です(苦手な人は向かないかも)。
武器の種類が結構あって、思うような武器が手に入らなかったり、武器によっては簡単に進めたりする所があったりと案外楽しめる一品だと思います。
ただ一つ、レッドアリーマー強すぎ!

課長の魔界三部作最終章
長きに亘る課長の魔界への挑戦も、いよいよ本作で決着を迎えます。
魔界の住民票はいりません、と課長に言わしめた超難易度の魔界村シリーズは、課長ならずとも、魔界に屍の山を築き、魔界に悲鳴をこだまさせたユーザーは、決して少なくないと思います。
エンディングを見た屈強なプレイヤーは、本当に少ないと思います。
しかし、完成された魔界村は、クリアせずともその名作ぶりを感じとれる名作です。
魔界村の代名詞たるレッドアリーマーも勿論登場し、アリーマー地獄を見せてきます。
このゲームは執念がないとクリア出来ません!
それ故、感動もかなりのものなのです!
私もその感動を求めて魔界へ行こうと思います!
勇気ある同志よ集まれ!!

何気に名作
相当前の作品ですが、当時プレイした時は、かなり難しいアクションで途中で断念しました・・・・。
ですが、音楽も中々の名作です!!!
余談ですが、大学時代、誰かが、この音楽を着メロにして、講義中に鳴って爆笑した記憶があります。それをきっかけに再びやり始めたのですが、また断念・・・。流石超魔界村です!!

セーブできない緊張感がよい
超Rのオリジナルモードはセーブ出来るので、難易度は激減です。
やはり、男たるものセーブなしでこそ、クリアといえる。
ゆえに、SFC版超魔界村がお薦め。
大魔界村は、ただ撃ちまくるだけという印象が強く、やや大味な感じ。
大魔界村のグラフィックスは、繊細なのに。
超魔界村は2周目の後半以外はサクサク行く。
その反動が、超Rのアレンジモードの難しいステージだったり、極魔界村のアーケードモードだったりするのかな?
超Rアレンジモードのネビロス戦の様なレベルの戦いが、最終ボス前に20連戦ぐらいある新作が出ると、魔界村ファンは泣いて喜ぶのかな?
しかも、攻略法がすべて異なり、大魔界村のような撃ちまくるような大味なものでない20連戦なら嬉しい。
超魔界村はクオリティが高い部分があるので、クリアしたときにその素晴らしさに気付くでしょう。
しかも、セーブできないSFC版だからこそ、盛り上がる。しかし古いので、他のチョイスが妥当ですね

腹が立つが出来は良いゲーム
大袈裟ですけど1週クリアするのに50回くらいコンテニューしました。最終面をクリアして「やった!!クリアだ!!」と思ったのも束の間、普通の武器では魔王を倒せません。もう一度魔界に行って来るのです・・・・・・                                          血管がぶち切れそうになりました。虚無感、喪失感に浸りながら2週目をプレイし、胃もチクチク痛みました。この1週目クリアのカプコンの裏切りに耐えられる方にはお勧めです。音楽も魔界と言う舞台のオドロオドロしさを良く表しているし、豊富な武器、魔法。アクションゲームとしては最高の域に達しているとは思います。ただ短気な方、胃の弱い方はやらない方がいいです。

シリーズ中で一番おすすめ
僕がスーファミと一緒に買ったソフト。だいぶ続編が出てなかったせいか、
今でこそゲーマー御用達のようなシリーズになってしまったけど
当時は知名度もそこそこあって、多くの友達がプレイしていました。
なぜこれが一番オススメかというと、初代や大に比べると敵の力押し度
が低く、テクニックを鍛え、考えてプレイするのが楽しいからです。
つまり一番アクションの上達速度が速く、ようは難易度が低くなりがちってことです。
個人的には、パンツ一丁になってからの復活プレイが熱かったです。
確か、基本的に一回目の宝箱はマジシャンが出てくるのでひいひいいいながら
先の宝箱までがんばってました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

グラディウス3
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
スーパーマリオワールド
スーパードンキーコング
スーパーマリオ ヨッシーアイランド
がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
星のカービィ スーパーデラックス
スーパーマリオカート
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島
ファイナルファイト2

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs