ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙

ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙

ReleaseDate : 1992-04-24
Manufacturer : データイースト
FormattedPrice : ¥ 9,504

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙 攻略

バトルはうざいけど。
まず、これ、すんごいバトルに時間かかります。仲間は呼ぶし。
ダンジョンもおつかいで、いかにも当時のRPG。
しかし、いまでもこのストーリーは秀逸。
不死身の主人公の秘密。過去の出来事とのつながり。
普通のRPGのイベントとして、なかば他人事のように見ていた出来事が、自分と密接につながっていた…。
この事実を知った時のショックは、相当なものだった。小説や映画では絶対に構築できないシナリオだろう。街に立ち寄るごとに耳にする噂話が積み重なってできたものだし、主人公である「自分」にかかわるものだから。
今やるには根性がいるゲームだけど、それだけの価値はあります。

プレイするとどんどん先が知りたくなる
FFVIIでもシナリオを手がけた野島氏のシナリオはこの作品が最高傑作ではなかろうか。
グラフィックがショボイのとパッケージが暑苦しいのが難点だが、
中盤以降の怒濤のごとく畳み掛けるような意外な展開が非常に楽しい。
まったくギリシャの神々ってのはどいつもこいつもワガママ過ぎ!
それに振り回されまくる主人公、つまり選択の自由が極端に少ない主人公なのでお使いRPGながらシナリオ展開に無理が無いのは逆転の発想か。
記憶を失った主人公の、不条理な神々に翻弄されながら過去を求めて旅した先、
辿り着くエンディングは是非とも多くの人に体験して欲しい。
パーティを組む相棒の日記などの遊び心がまた楽しい。

物語はテレビゲームで最高の作品です!
ゲーム性やシステムなどは、ドラクエやFF等に比べると相当見劣りしますが、ストーリーは本当に素晴らしいです。ゲームでこれほど感動したことはありません。他の方も書いてますが、小説や映画ではこれは無理だと思います。
小説や映画は第3者として見ますが、ゲームは主人公を自分としてみる事ができるものだと思い、そのゲームの特性をとても上手に活用した作品だと思います。
最後は本当に衝撃です。これは主人公が自分だからこれほど感動できるのだと思います。是非このゲームの主人公の名前は、自分の名前を入れて、プレイして下さい。感動も倍になります。
是非、他社でリメイクして、SFCを持っていない方々にもやって欲しい作品です。

興味がなきゃ見ないよね。こんな欄
中盤まではちょっとバランス悪い普通のRPGです。
後半からの展開が秀逸。
どこがすごいのかって、言えない(笑)
映画や漫画や小説では出来ない
ゲームだからこその感動をぜひ体験してみてください。

すごいなアマゾン。
感動するストーリーのRPGを探してたらたどり着きました。
もう普通の中古やでも見つけるのむつかしいよ。
高校生のころ、このゲームでめちゃくちゃ感動しました。
FFやドラクエに比べて地味目な存在ですから、酒の席で「なつかしゲーム話」になっても「えーやってない」っていわれるんですが(笑)
みなさんレビューで書いてあるように、感動することは間違いありません。昨今流行の、いかにも「感動させてやる」類のものとは比べ物にもならない。
記憶をなくした主人公が、旅の途中で様々な体験をし、壮大な物語の結末に行き着くストーリー。終わり方もシブイ!
(言えない、言えない、ぜひやってみて!)
どうしてこういう名作がリメイクされないのか不思議でしょうがありません。
このゲームをやると、美麗なグラフィックやそんなものは飾りとして必要でも、本質ではないなと感じられます。
このゲームもすごければ、これが買えるアマゾンもすごいなと。
ロングテール狙いのアマゾンの真骨頂を見た気がします。

重厚な物語、それを彩る世界観
ギリシア神話の英雄「ヘラクレス」をタイトルに、ギリシア神話に基づいた世界観を用いたRPGです。誰が聞いても知っている有名なギリシア神話の神々や、実在している街や国をモチーフとして世界観作りが成されているのが特徴的です。
主人公の生い立ちや旅立ちの動機など、それら全てがベールに隠された状態で物語はスタートします。手がかりは「いつも見る夢に出てくる大地と人」。旅の中で主人公は夢に登場した人々と出会い、夢の大地が実在する事を確信していきます。やがて明かされる夢の事実。そこから終着まで物語は一気に突き進みます。
仲間たちは個性的かつ、主人公と同じ夢を見る運命を持つ者ばかり。彼らが、そして主人公が目指した場所には何があるのか。地上に降り注ぐ災厄を見て見ぬ振りをする神々の思惑は何なのか。プレイヤーも思わず引き込まれてしまう展開には「重厚なストーリー構成力」が物を言っています。
特徴的なシステムとしては得意武器というものを各キャラに設定できる事でしょうか。各地に点在するそれぞれの武器の師匠を尋ねれば、その武器を装備可能となり新たなる戦力として戦闘を進める事ができるようになります。こうして覚える得意武器には後列に攻撃できる弓など便利な性質を持つ武器も。
サウンド面も秀逸の一言です。神話という題材に相応しい、重みのある深い曲が随所に挿入され物語の感動に一役買います。ミニゲームとしてヘラクレスの栄光4にも登場する竪琴演奏会など面白いイベントも用意されています。

シナリオ重視の方はぜひ
正直、第一印象はあまり良くないかもしれません。きっと見た目やシステム回りのクセから来るのでしょう。
しかしそれらは、物語を進めていくうちに慣れてしまいます。いやそれ以上に物語に引き込まれていくはずです。
序盤は平凡で退屈な流れです。が中盤以降、さまざまな神様が登場し、一気に物語が動き出します。そしてすべての謎が解き明かされたとき、感動は最高潮に達するでしょう。正直、私は涙しました。記憶を無くしたがための運命の重さ、背負うものの大きさ、そして神々の厳しさに・・・。それらはエンディングにおいて、言葉無くして語られます。
神様が人類を滅ぼす? なぜ地中から魔物が出てくるのか? 夢に出てくる大地とは? 本当の英雄とは? そして、自分の生き方は本当に正しいのか?
すべては実際にプレイして、あなたの目で確かめてください。
現在ではWiiのバーチャルコンソールでも楽しめますので、「RPGはシナリオ重視だ!」という方は、ぜひプレイしてみてください。きっと記憶に残る作品になるはずですから。

感動しました
Wiiのバーチャルコンソールで、初プレイしました。戦闘はオーソドックスなコマンドバトルで、やりやすいと思います。少しテンポに難ありですが。あと町でアイテム購入時に、複数買いが出来ないなど、古いゲームならではの不便さはあります。ただこのゲームの命はシナリオです。これは本当に素晴らしいの一言です。作りの古さに耐えエンディングに辿り着いた時、本当の感動がそこにあります。

欠点は多いけど
正直言って欠点は多いです。
序盤〜中盤が少々退屈。エンカウント率が高い。移動速度が遅い。魔法効果、アイテム効果が使ってみないとわからない。
終盤のザコ敵が異常に強い等々……
しかし……しかし…………!
その秀逸すぎるストーリーが全ての欠点をカバーしています。
ストーリーは記憶を失った主人公が町で目覚める所から始まります。しかし外に出てその辺を散策していると突然地面に大穴が!
主人公はそのまま落下し死亡…………と思いきや生きている!?なんと主人公は不死身の体だったのです。
なぜ自分は不死身なのか?自分はいったい何者なのか?記憶を取り戻せばその答えがわかるかもしれない。
こうして主人公は記憶を取り戻す旅に出発する訳です。
終盤の展開は本当に衝撃的でした。ストーリーは今までプレイしたRPGの中でぶっちぎりでNO.1です。
正直今後これを超えるストーリーに出会う事はないんじゃないかとさえ思っています。
VCで配信されているのでRPGはストーリー重視だという方もそうでないという方もぜひプレイして欲しい名作です。
後これだけは言っておきます。
どれだけ序盤〜中盤が退屈でも一度始めたら絶対に最後までプレイしてください。絶対に後悔はしませんから。

デコらしいRPG
味のあるゲームでファンに愛されたデータイースト制作の王道ファンタジーRPGです。妖精をたくさん引き連れて歩いたり、塔から回転拡大しながら落下したりと、デコらしさも健在。預かり所ではなく、地面に物を埋めて保管したり(笑)。エンカウントは多いものの、バランスはまずまず調整されています。MP回復アイテムがあるのは親切。もちろん問題点もありますが、DQFFなど大手の超A級ゲームと比べるのは酷というものでしょう。
みなさん言っておられますが、このゲームが語り継がれる存在になり得たのは、ひとえにその極上のシナリオによるものだと思います。ギリシャ神話の神々の登場するドラマティックな物語で、エンディングではやはり感動する。記憶を失った主人公に隠された謎とは…?ダンジョンがあまり本格的でなかったりラスボス戦も拍子抜け気味なのは残念だが、シナリオを楽しむゲームだと思えばあまり気にならない。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ヘラクレスの栄光4 神々からの贈り物
エストポリス伝記2
ヘラクレスの栄光2
天地創造
新桃太郎伝説
ブレスオブファイア
ルドラの秘宝
大貝獣物語2
大貝獣物語
ミネルバトンサーガ

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs