ミシシッピー殺人事件

ミシシッピー殺人事件

ミシシッピー殺人事件

ReleaseDate : 1986-10-31
Manufacturer : ジャレコ

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ミシシッピー殺人事件 攻略

もうはなしましたよ
確か、オリジナルはCommodore 64版だったと記憶しています。
洋ゲーの移植ですが、移植したジャレコが叩かれることになりました。
原作はスクリーンショットしか見ていませんが、基本的にはそのまま移植しているようです。
理不尽なトラップも、メモが3つしか取れないのも、C64のゲームだと思えばなんとなく理解できます。
容疑者とのとんちんかんな会話は、翻訳レベルの問題でしょう。
ライトユーザーの多いファミコンに移植したのは失敗だったかも知れませんが、パソコンに移植していればむしろ平凡なアドベンチャーゲームとして記憶にも残らない作品になっていたと思われますし(移植版発売時には既にC64の後継機Amigaが出ていましたしね…)、ファミコンに移植したからこそ「記憶に残るゲーム」になったのだろうと思われます。
ストーリーそのものはそれなりに面白味もあり、ミステリー小説っぽさを味わえる正統派推理アドベンチャーゲームといえるでしょう。
ただ、最後の詰めがいけない。
「○ー○デ○」としか分かっていないのに、いきなり「○ロ○○」というファーストネームが突然出てきますし(ファミリーネームしか知り得ないはずのない主人公が言うのです)、明らかに過剰防衛なのに「あきらかなせいとうぼうえい」とか無茶を言い出しますし、いくらなんでも無茶すぎます。
オリジナルを忠実に再現しているのでしょうが、銃に縁のない日本国民向けにもうちょっと理解しやすい超訳をしても良かったのではないでしょうか。
まあ、責められるべきはこのゲームの移植を決めた人であって、プログラマーやデザイナーではなく、彼らは冤罪だということをご理解頂ければと思います。

なぜナイフが飛んでくるのか?
 シチュエーションは楽しい。豪華客船の中で起こる殺人事件。
しかし、内容的にはこの時代的な不親切感いっぱいで、今時の
ひとにはお勧めしないが昔買ってまったく進めなかった子供が
大人になった人にはかなりおすすめ。
いろんなサイトで攻略されているので、賢くなったアタマで
殺人事件をといてみよう。

スー
一番の見どころは16号室のナイフです。
ドアを開けた瞬間「スー」っとなにかが飛んできます。
「あれ、なんだろう?」とか思ってるそこのお前はもう死んでいます。
20年たった今でもたまに思い出しますよ。
あのナイフの地球の重力を無視したSFな動き。
致命的なダメージを負いながらノーリアクションな先生。
数年がかりでクリアしたときは声を出して泣きましたよ、そりゃあ。
今となってはすべていい思い出ですよ。さあ仕事仕事。。

船内にいくつものトラップが仕掛けられているのが訳分からない。
理不尽過ぎる「突然死」が理解に苦しむファミコン初期の探偵ゲーム。
私は一応クリアはしましたが・・・・攻略本無しでのクリアは不可能に近い難易度です。
ナイフも落とし穴も無差別殺人だし・・・全く事件に関係ない人間を殺す意味が分からない。
ま・・真犯人が最初に殺すべきは事件を解き明かそうとする「探偵」・・・と考えれば狙いは間違っていないとも言えるのは、「金田一少年の事件簿」や「コナン」を読んでいて理解したことですが。
やったのがかなり前なので、どういう動機での殺人事件だったのかが思い出せませんが、何か真犯人が判ったとき「残りの乗員」が次々と登場して、真犯人を弁護していたような記憶があるのですが・・・「情状酌量」されるような動機だったのでしょうか?。

チープ&チープ
FCが好きな人にはカナリお勧めの有名ゲームです。当時のプログラマーがまじめに作っていたのか疑いたくなるような展開が必見です。

最狂作
 まずゲームを手に取り概観をとっくりとご覧頂きたい。
緑色のカセットに重厚なデザイン。
真面目そうで温厚な紳士が片メガネを掛け、遠くを見つめるまなざし・・・。
アメリカの古き良き時代、ミシシッピーを舞台に
これから起こる惨劇を雄弁に物語る。
しかし・・・。
 内容は狂っている。犯人の罠と称される突然のアクシデント
であっさり殺されて即ゲームオーバーなのだ。
「もっと注意深く行動しろ!」とプレイヤーの分身である
キャラに幾度突っ込んだことか・・・。
パッケージの紳士とは似ても似つかないおっちょこちょいぶりで
あっさり罠にはまり死んでしまうのだ。
 そんなゲームでも、いちいちメモをとり、
自力でクリアした苦悩と不条理な日々を今も忘れない。
まあ、解決してしまえば何てことないし、
それなりのストーリーもあるので・・・。たけ挑にくらべれば・・・。

凶悪ゲーム
真実はいつも一つ!
普通の推理ゲームはプレイヤーが発見した物から己の推力を発揮して犯人を当てるものですが、これは違う!
部屋の捜査をするのも命懸け!(いや、本当)
あまりの不条理さに「うっおーっ!!くっあーっ!!ざけんなーっ!」と言いながらソフトを壊してしまうかもしれないので、我慢強い方におすすめします!
推理ゲームマニアの僕がおすすめする自信作!君もぜひ激遊してくれ!

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

たけしの挑戦状
レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)
ドンキーコング [FAMILY COMPUTER]
スーパーゼビウス ガンプの謎
ドラえもん
アトランチスの謎
チャンピオンシップロードランナー
シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件
ワルキューレの冒険
チャレンジャー

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs