ファミコンジャンプ英雄列伝

ファミコンジャンプ英雄列伝

ファミコンジャンプ英雄列伝

ReleaseDate : 1989-02-15
Manufacturer : バンダイ
FormattedPrice : ¥ 7,020

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー
ファミコンジャンプ英雄列伝 攻略

好きだった
ゲームそのものとしては非常にバランスが悪く自分が今何をしようとしているのかつかめなくなってくるようなシナリオです。 要攻略本。 ただ、過去の名作から選ばれたジャンプのキャラクターたちが非常に”立って”いるので目的はわからなくともゲームの世界をさ迷っているだけで楽しめます。 さまざまなキャラクターが登場するので展開は強引ですが最近のRPGにはないいい意味での”割り切り”が感じられます。本気で挑むというよりは気楽にノスタルジーな世界に入りこみたい人向けかな。

好きだった
なんと言ってもジャンプ名キャラクター総出演。これに尽きます。当時は好きなキャラを見るだけで幸せでしたね。個人的にはラストバトルの必殺技が思わぬキャラのが最強だったりしてウケたのを覚えています。

ジャンプ黄金期
ゲームとしてはクソゲーと呼ぶ人もいるかもしれないけど、発売当時の自分は目をキラキラしてプレイしてました。スゲー×2言いながら。
改めて中古で購入した処、クソゲーだけどやっぱ面白いです。いいんです、クリアが目的じゃないんで。
要ぬけさく。

ジャンプキャラの「ごった煮」的ゲームで・・味は予想通りに「超大味」。
週刊少年ジャンプの歴代のキャラクターたちをごちゃ混ぜにした「闇鍋」のようなゲーム。
しかも、発売はやっぱりの「キャラクターゲーム」が十八番のバンダイときている。
バンダイはナムコやコナミと違って、ファミコン時代は名作と呼べるような作品を世に送り出すことはロクにできなかった。
ようやく、出せるようになったのはPS・PS2時代に「ガンダム」関連のゲームを出すようになってから・・・・だよな。
これも「キャラゲー」の法則の例に漏れず、キャラ人気におんぶに抱っこという印象は免れませんでした。
版権の問題に関係なくキャラを出せても、それが総合的な「味」として上手く機能しているかは別問題だった模様。
ゲーム化はこの作品のみというキャラたちも多い。ゲーム史における位置付けとしては「イロモノ」「企画もの」という印象は免れず、仕上がりもやっつけ仕事で、お世辞にも上手いとは言えないシロモノである。

懐かしい
昔のジャンプのキャラクターが非常に懐かしい
けっこうはまるゲームだと思います

当時
面白かった
いや今やっても楽しめるだろうな
マジュニア戦のれいき強すぎ

これ、楽しくね?
一般的な評価は低いゲームだけど、そんなことなくね?
俺、これめっちゃ好きだったんだけど。
パスワード使って最後の闘いまでジャンプしてさ。ドキドキしながらピッコロ大魔王と闘かったもんだよ。懐かしいなあ。あの頃にかえりたいや。
なんかたるるーと君でずっとフィールドを彷徨っていた印象が強く残ってるね。行き先がわからなかったんだと思う。
それとケンシロウね。ケンシロウがリアル画で闘うやつ。
みんないい思い出だよ。ひきこもりになるなんて微塵も考えてなかった、未来に夢と希望があったキラキラしてた時代。

ジャンプキャラ総出演す!
当時はホントに黄金期だったから、過去20年(当時)に亘るキャラが出まくっていたんですね。
現在編と過去編とあってそれを行き来するというゲームでもあった。
パスワードが厄介だったが、楽しかった。

ファミコンジャンプ
ゲームバランスがとんでもないだけどジャンプの黄金期キャラクター総出演の嬉しいRPG
ファミコンジャンプ
仲間も豊富イベントも豊富何だかわからないけど
楽しい
だけど
ゲームバランスは
厳しい
更には
ラストバトルは
ジャンプキャラクター総出演の
いろいろなバトルが始まるので。
仲間が死んだりすると
ドキドキする
ハラハラする
しまいには
進めなくなる可能性もある
思い出深い作品。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ファミコンジャンプII
ドラゴンボール3 悟空伝
ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
コナミワイワイワールド
ドラゴンボール神龍の謎
ドラえもん
キャプテン翼
ドラゴンボールZ2
ドラゴンボールZ3
忍者ハットリくん

PS3ナビ PLAYSTATION3 Nintendo 3DS 大全集 PSVITA大全集 この!ファミコン野郎 PSPナビ SONY PSP PSP壁紙画像倉庫 GAMENAVI 携帯ゲームショップ Xbox360大全集 Xbox360専門

ファミコン野郎
© 2015 webs